過呼吸の症状にはどんなものがある?

過呼吸の症状にはどんなものがある?

過呼吸の症状にはどんなものがある?

過呼吸になってしまうと、自分も恐怖感も感じますが、周りもパニックになってしまいます。特に周りの方々は過呼吸の症状を知らずにいると、過呼吸の発作が、命に関わるようなものに見えてしまうこともあります。

 

ここでは、過呼吸の症状を詳細に説明していきます。これを覚えておけば、自分がなったときにも、他人がなったときにも慌てず対処ができるでしょう。

 

過呼吸の症状

まず、第三者から見た過呼吸の症状を説明すると、とても息使いが荒く、沢山息をしているように見えるでしょう。患者は呼吸困難でとても苦しそうに見えますし、過呼吸を見たことが無い方なら、もしかして死ぬのでは?と不安になることもあるくらいです。

 

患者本人も、とても苦しく、息はしているのにも関わらず息が出来ないと感じています。

 

こういった呼吸の症状の他に、頭痛、めまい、手足の指先のしびれ、口まわりのしびれ、胸の圧迫感、動悸、死への恐怖などの症状があります。そして、これらの症状は、患者本人の不安や恐怖を増幅してしまう為、大変悪循環です。

 

過呼吸の原因と対処法

運動などから過呼吸になる場合をのぞいて、過呼吸の原因は体や心のストレスだと考えられています。そのストレスから、自律神経のバランスが乱れて、呼吸中枢に影響を与えてしまう為に過呼吸に陥ります。

 

そのためストレスや不安感を改善することが、過呼吸の頻度を低下させることに繋がります。

 

もしも過呼吸になってしまった場合は、深呼吸をするようにしましょう。患者のそばに居る方は、患者が安心するように、背中をさすったりしながら、優しく深呼吸をうながすように声をかけましょう。

 

深呼吸は、吸うよりも吐くほうに時間をかけるようにしてください。

 

紙袋やビニール袋を口に当てるという方法は、危険な場合があるので、患者が望む場合を除いて行わないようにしましょう。

スポンサーリンク