過呼吸と二酸化炭素の関係

過呼吸と二酸化炭素の関係

過呼吸と二酸化炭素の関係

ひと昔前、過呼吸発作への対処法は、ペーパーバッグ法が良いとされていました。これは、過呼吸発作になると酸素を取りすぎるため、酸素をあまり取りすぎないようにするために、ペーパーバッグ法が良いとされてきました。

 

人間の吐く息は二酸化炭素が多く含まれるため、自分の息を吸うと酸素をあまり取り込まずに済むという考え方ですね。

 

ところが、今ペーパーバッグ法は危険性があるとして、推奨されていません。ということは、過呼吸は酸素過多の状態だというのは間違いなのでしょうか。

 

過呼吸と二酸化炭素の関係

過呼吸は酸素についてよりも、二酸化炭素の濃度の法が密接な関わりがあります。

 

実は血中の二酸化炭素が不足すると、過呼吸になってしまうのです。二酸化炭素も、一定量は必要な気体で、この二酸化炭素が不足すると、血管の収縮が起こります。脳血管も収縮してしまうため、神経伝達に異常が起こり、手がしびれたり、体が硬直したりという症状が起こるのです。

 

呼吸が早くなると、二酸化炭素はどんどん体から排出されていきます。一方で、取り入れられた酸素が血液中を流れるのには時間がかかるのです。

 

この状態になると、自己防衛反応として、脳は呼吸を止めようとします。しかし、体は呼吸をしなければ!と焦ります。この状態が過呼吸の状態なのです。

 

まとめると、過呼吸発作は酸素過多なのではなく、二酸化炭素不足の状態から引き起こされるということです。

 

ペーパーバッグ法では二酸化炭素は増えないのか

人間の吐く息は二酸化炭素が多く含まれるので、それを吸い込めば血中の二酸化炭素濃度が増えそうな気がしますよね。確かに増えることにはなるでしょう。

 

ですが、これを行うと今度は酸素不足の状態になってしまいます。過呼吸は酸素過多の状態ではないということを考えればお分かりかと思いますが、酸素不足に陥ると、そのうち窒息状態になってしまいます。

 

これにより窒息死をした例もあるため、ペーパーバッグ法はすすめられていないのです。

スポンサーリンク