軽い過呼吸の症状

軽い過呼吸の症状

軽い過呼吸の症状

過呼吸でも度合いがあるのはご存知でしょうか。

 

今回は軽度の過呼吸について症状をご紹介していきたいと思います。

 

軽度の段階は過呼吸になる一歩手前だと考えてもいいと思います。

 

軽度の過呼吸の症状

軽度の過呼吸は私も経験があります。今でも時々なることがあります。これは誰もが経験していることではないでしょうか。

 

蒸し暑くなって、少しストレスを感じたりした時にそういう症状になったことはありませんか。

 

症状として、気管支のあたりが息苦しく、息詰まる状態になります。呼吸もしにくくなり、ゆっくり深く呼吸が出来なくなります。症状がちょっと長く続く時は過呼吸の一歩手前だと思ってください。

 

軽度の過呼吸では息苦しさ、呼吸の乱れが出てくる状態になり、症状が長い時間続く時は注意してください。過呼吸が軽度から中度、もしくは重度に切り替わることがあります。

 

軽度の過呼吸から重度の過呼吸になる前に対処しましょう

では、軽度の過呼吸の状態から重度の過呼吸にならないための対処法を教えます。

 

気管支のあたりが何か詰まっているように感じるぐらいの息苦しさが治らない時はまず、水分をとりながら、大きく深呼吸しましょう。軽度の過呼吸ではまだ意識して、大きく深呼吸することは可能です。何度も繰り返していくうちに少しずつ治っていきます。

 

それでもまだ、治りにくい時は横になれる状態であれば、横になり、目を閉じてしばらく寝てください。椅子に座って休むだけでも違います。

 

自分が楽な体勢を取ることがリラックスできる第一歩にもなりますので、落ち着ける場所や体制を確保しましょう。

 

そこから、先程言ったように水分を取り、大きく深呼吸をして、ゆっくり直していってください。

 

慌てる必要はないので、重度の過呼吸になる前にぜひ、対処出来るように自分のサインに気付くよう努力してください。

スポンサーリンク