寝起きの過呼吸

寝起きの過呼吸

寝起きの過呼吸

過呼吸は様々な環境で起きることがあります。

 

不安なこと、日頃のストレスを寝る前に色々考えることはありませんか。今日は仕事がなかなか上手くいかなかったなーなどと、寝る前に考えていませんか。考え事を寝る前にしていると寝起きに過呼吸になることが多いです。

 

では、寝起きの過呼吸はどんな症状が起こるのでしょうか。

 

寝起きの過呼吸の症状

先程も言ったように仕事や学校での不安なことや悩みが強いと寝る前にも色々考えてしまいますよ。私でもよくあることです。次の日の仕事のこと、家事のことなど、寝る前に考えてしまいます。

 

それだけではなく、人間関係で悩んでいる人もいるでしょう。色んなことを日々考えてしまいます。

 

寝る前にあまりにも強く考え込みすぎると寝起きに過呼吸になることがあります。起きた時に息苦しくなり、息詰まるような呼吸の乱れの症状が起きます。それだけでなく、なかなか寝付きが悪く、何度も起きてしまうこともあります。起きる度に息苦しくなり、冷や汗をかくこともあります。

 

強く考え込むほど、睡眠も充分にとれないので、身体はストレスを感じます。

 

悪循環を繰り返すほど、寝起きの過呼吸もどんどんひどくなっていきます。

 

寝起きの過呼吸を防ぐ方法と寝起きの過呼吸の対処法

寝起きの過呼吸を防ぐには難しいと思いますが、なるべく考えることを避けるようにしましょう。

 

どうしても考えてしまいそうな時は好きなことを考えましょう。具体的には休みになったら、ショッピングしに行こうとか、釣りをしに行こうなどと、趣味のことを考えるといいです。

 

自分が楽しいと思うようなことを思い浮かべて寝るとリラックスして、寝ることができ、寝付きもよくなります。

 

では、寝起きの過呼吸が起きた時の対処法をご紹介します。

 

まずは無理して起き上がらずに楽な状態で、大きく深呼吸をしましょう。枕元に水分を置いてもいいと思います。水分をとることによって、気管支のあたりがスッキリします。

 

症状が落ち着くまではテレビを見たり、何かリラックスできるようなお守りみたいな物があればお守りを触るなどして、過呼吸を頭から離し、違う思考に持っていくという方法もあります。

 

症状が起きていながらもテレビの音に集中し始めると、いつの間にか治っていたりもします。違うことにわざと視線を向けることもいいということです。

スポンサーリンク