一過性の過呼吸

一過性の過呼吸

一過性の過呼吸

一過性の過呼吸は大人ではなく、新生児に起こります。

 

新生児に起こる過呼吸とはどんな時に起こるのでしょうか。

 

また、一過性の過呼吸にならないように妊婦さんはどんな対策をとったらいいのでしょうか。

 

一過性の過呼吸の症状

新生児に起こる一過性の過呼吸は産まれた時に起こります。新生児がどんな状態かというと、産まれた時に上手く肺から羊水が排出されない状態になります。その時に新生児が一過性の過呼吸になります。帝王切開した新生児がよくその症状になります。

 

新生児は産道を通ることで、押し出されるので羊水もその時に押し出されて排出することが多いです。そのため、帝王切開はそういうことがないため、羊水を排出しにくい状態になります。

 

具体的な症状としては呼吸速度が速くなり、顔が青白くなることがあります。苦しそうに見えますが、ほとんどの新生児は2〜3日後には自然に治ります。それが一過性の過呼吸です。

 

一過性の過呼吸の防ぐ方法と対処法

一過性過呼吸が起こってしまった場合、新生児に酸素を投与することになります。

 

病院にいると思うので、看護師や医師がなんとかしてくれると思いますが、知識として知っておくといいと思います。そういう状態の時は上手く母乳も飲めないと思うので、輸液や栄養剤なども投与される場合があります。

 

では、妊婦さんが新生児の一過性過呼吸を少しでも予防する方法を3つお教えします。

 

1つめは妊娠中、野菜や果物などを多く摂取することです。2つめは当然ですが、禁煙やアルコールを避けてください。3つめは医師以外から処方された薬は避けてください。

 

この3つをしたからと言って、完全に予防されるわけではありませんが、新生児のためにも出来ることをしてあげることが大事になってきます。

 

少しでも新生児が元気に産まれてくるためにもぜひ、予防対策を実施してみてください。

スポンサーリンク