産後の過呼吸

産後の過呼吸

産後の過呼吸

女性がうつ病になりやすい時は出産後です。出産後に上手く育てていけるかという不安やホルモンバランスの乱れ、子育てで寝不足になるなどが原因と考えられます。

 

これから、出産後の過呼吸とうつ病についての詳細をお話していきます。

 

産後の過呼吸の発作が起こる原因と症状

出産後のうつ病の原因は子育ての疲労や不安、社会に触れていないぶん、社会への取り残され感があり、情緒不安定になります。日頃の不安や悩み、疲労からのストレスが重なり、過呼吸になって、うつ病へと変わる人が多いのではないでしょうか。

 

産後のうつ病の症状としては次の症状が出ます。

 

不眠または過眠、疲労感または気力が低下し、体重が一気に低下し、食欲も減少します。他にも思考力や集中力が低下し、死について何度も考える症状が出てきます。

 

この症状が出た場合は産後うつになっている可能性が高いです。

 

なかなか、赤ちゃんが泣き止まず、自分を責めたりする症状もうつ病です。母親がうつ病になることによって、子供に悪影響を及ぼすことがあります。具体的には虐待のような行為です。

 

子供を救うためにも早めにうつ病に気付くことが大事になってきます。

 

産後の過呼吸とうつ病を防ぐ方法

産後の過呼吸とうつ病を防ぐ方法は3つあります。

 

1つ目は子育てを一人でしないことです。

 

一人で子育てをすることによって、疲労からのストレスが半端ない状態になり、一人で何でも抱え込み、過呼吸やうつ病になってしまうからです。

 

2つ目は気分転換を適度に行うことです。

 

外に出て、ショッピングや観光を子供と一緒にすることです。外に出るだけでも違う雰囲気になるので、気分転換できると思います。

 

3つ目は休養をしっかりとることです。

 

子育てで疲労がたまり、休養する暇がないと気持ちに余裕が出ず、子供に悪影響を及ぼす可能性があるからです。頼れる人がいるのであれば、少しの時間だけでも子供の面倒を見てもらい、子供の面倒を見てもらっている間、しっかり身体を休めてください。数時間寝るだけでも精神状態が全然違ってきます。

 

休養と気分転換は特に大事なので、最低限この2つは必ず実施してください。

 

また、少し自分でも精神状態がおかしいなとか、周囲に話す人がいない場合は精神科に進んで受診してください。精神科の先生に吐き出せるなら、吐き出すことも大事です。

 

母子共に元気でいることが何よりも最優先です。

スポンサーリンク