過呼吸とあくび

過呼吸とあくび

過呼吸とあくび

過呼吸の前触れとして起こるのはあくびだとご存知でしたか。

 

あくびや溜息は深く呼吸をしすぎて、過呼吸に変わるのだそうです。あくびや溜息を頻発している時は過呼吸になる前触れかもしれないので、時々、自分の行動に意識してみてください。

 

過呼吸の前触れはあくびが頻発する

過呼吸の前触れはあくびや溜息が頻発することです。

 

しかしながら、あくびが頻発する原因は他にもあります。睡眠障害、貧血、偏頭痛、緊張、糖尿病などです。この病気は全てあくびが関連しています。

 

寝不足や貧血、緊張は過呼吸に繋がります。寝不足で、疲労がたまり、ストレスになると過呼吸になる可能性は充分あります。もちろん、あくびも出ることでしょう。あくびが出るのは脳の働きが低下している証拠です。あくびをすることによって、酸素が多く取り入れられ、二酸化炭素が不足するため、、過呼吸になりやすい原因になります。

 

過呼吸の前触れと感じるあくびの予防と対処法

前述のとおり、あくびを頻発にすることによって、過呼吸の前触れと言われています。あくびの頻発を予防するには生活習慣をしっかり見直し、正すことです。寝不足にならないように充分な睡眠をし、体調をしっかり整えることです。生活習慣をしっかり正すだけで、身体のモチベーションが全然違ってくると思います。

 

まずは生活習慣を正すことから実施してください。

 

対処法としてはあくびが頻発に起こるか、起こらないかを日頃から意識することです。あくびが頻発していれば、過呼吸が起こる前に充分注意できますし、過呼吸の発作が起こらずにすみます。

 

あくびが頻発した時は少し場所を変えて、一休みしましょう。大きく深呼吸をしたり、場所を変えて気分転換し、何か食べたり、お茶を飲んだりすることも大事です。

 

2つのことを意識して、少しずつ改善してみてください。

スポンサーリンク