過呼吸の原因:アルコール

過呼吸の原因:アルコール

過呼吸の原因:アルコール

お酒に酔ったときに過呼吸の症状が出たことがあるという方はいるでしょうか。特にお酒に弱い方だと、過呼吸を起こしてしまう可能性が十分にあります。

 

ここでは、アルコールが原因の過呼吸について掘り下げていきましょう。

 

アルコールが原因の過呼吸

お酒にとても強くて、飲んでも殆ど何も変わらないという方については、アルコールが原因で過呼吸を起こす可能性はかなり低いです。

 

ですが、お酒に弱い方がお酒を飲み過ぎると、動悸や発汗、吐き気などの他に過呼吸を起こしてしまうことがあります。

 

お酒が弱い方が飲み過ぎたとき、息があがった経験はないでしょうか。この息があがっている状況が続くと、過呼吸になりやすいと言えます。

 

お酒は、体のさまざまな部分に影響を与えますが、脳の神経伝達物質の機能にも悪影響があるため、動悸が起きたり呼吸が荒くなったりしてしまいます。

 

お酒で過呼吸が出てしまったときは、もし過呼吸になるのが初めてだったら、本人も周囲もとても心配でしょう。体に異変をきたすまで飲まないことが重要です。

 

予防と対策

アルコールが原因の過呼吸は、お酒を飲み過ぎないということで、予防ができます。特に自分がお酒に弱いという自覚があるかたは、お酒を飲む時は他の水分を取ったり、何かを食べたりしながらスローペースで飲むことが重要です。

 

普段お酒に弱くない方でも、体調不良だったり女性の方なら生理中などで、一時的にお酒に弱くなっているときもあるでしょう。自覚が出来ていれば問題ないのですが、気づいた頃にはとても酔っているということも有り得ます。

 

お酒に酔ったことが原因で過呼吸を起こしてしまい、止まらない場合は、急性アルコール中毒などの可能性も考慮して、病院に行ってみた方がいいでしょう。

 

殆どの場合は酔いが冷めれば治まりますが、お酒を飲んでいるときの過呼吸は重症化しやすいです。

 

特に普段から過呼吸になりやすい方は、例えお酒には強くても様子を見ながらゆっくり飲酒をされたほうがいいでしょう。

スポンサーリンク