過呼吸後の眠気

過呼吸後の眠気

過呼吸後の眠気

過呼吸の発作が起きた後に力が抜けて眠気の症状が出たことがありませんか。

 

私も経験していますが、意識が遠のくかのように脱力感と眠気の症状が出てきたことがあります。

 

なぜ、過呼吸後にそのような症状が起こるのでしょうか。

 

過呼吸後の眠気の症状

過呼吸後によく眠気が起こるのはなぜでしょうか。私も前から不思議に思っていました。発作がおさまった後に急に脱力感と眠気の症状が出てきます。

 

では、発作が起きた時からの症状を考えてみましょう。

 

発作が起こると血液中の酸素濃度が上がります。酸素濃度があがると、手足などのしびれや硬直の症状が起き、更に脳の機能が低下して眠くなってしまう症状が起きてきます。

 

症状が起きている最中に突然の眠気が出る症状は脳の機能低下が原因です。発作が起きている最中にしびれや硬直が来た後、よく意識が遠のくような眠気がよくきますよね。脳の機能が低下するということは大変危険なことなので、発作が起こった後のケアもしっかりしていかなくてはいけません。

 

脳の機能低下を防ぐために

過呼吸後の眠気が前述のとおり、脳の機能低下が原因だとわかりました。

 

脳の機能低下はストレスからくるものです。ストレスは脳に悪影響をもたらします。脳の機能低下を防ぐためにはまず、ストレスをためないように日頃からストレス解消法を考えておくことです。カラオケや運動をするだけでもストレス解消になります。

 

私はよくウォーキングをします。何も考えず、ひたすら歩くとスッキリします。こういったように自分なりのストレス解消法を見つけることが大事です。

 

なるべくストレスをためないようにすることによって、過呼吸の発作も防ぐことが同時にできると思うので、ぜひ、自分なりのストレス解消法を見つけて、実行してみてください。

スポンサーリンク