過呼吸の初期症状とは

過呼吸の初期症状とは

過呼吸の初期症状とは

過呼吸の初期症状とはどんな症状が出るのでしょうか。

 

実は低酸素症との症状とよく似ています。

 

これから過呼吸の初期症状の詳細をお話していきます。

 

過呼吸の初期症状

過呼吸の初期症状としてはまず、気管支のあたりが詰まった感じがして、息苦しさが出てきます。徐々に呼吸も浅くなってきます。呼吸が浅くなってくると共に呼吸の速さも速くなり、過呼吸に繋がっていきます。

 

そのあとの症状はしびれ、筋肉の硬直といった重度の症状になっていく人もいます。

 

過呼吸の初期症状は低酸素症にもよく似ています。

 

では、低酸素症とはどんな症状なのでしょうか。

 

低酸素症は脳にまで酸素が行き渡らず、呼吸機能が減退し、神経の働きが鈍くなる症状が出ます。低酸素症と過呼吸の症状はほぼ同じです。これが過呼吸の初期症状です。

 

過呼吸の初期症状に気付いた時の対処法

過呼吸の発作が起こった時、本人はなかなか過呼吸だと気づきません。過呼吸の発作が起こった本人は身体に異常があるんじゃないかと思ってしまう人がほとんどです。

 

周囲に人がいる場合は周囲が過呼吸だと冷静に判断することが大事になってきます。その場合は周囲がサポートしてあげましょう。

 

まず、周囲の人は落ち着いて行動することを心がけましょう。一緒に慌てて、パニックにならないようにしてください。

 

そのあとは話をかけながら、ゆっくり呼吸をさせてあげてください。水分がとれるようなら、水分もとらせてあげてください。

 

あとはしばらく時間がたてば落ち着いてきます。

 

もし、一人の場合で過呼吸の発作が起きた場合は間違いなくパニックになり、そのまま過呼吸の発作が起きてしまうので、その時は治まるまで待ちましょう。後で冷静になると、本人もネットで調べてわかるかもしれないし、身体がおかしいかもと思って、病院に行くこともあるかもしれません。

 

どちらにしても過呼吸だとあとでわかることです。過呼吸だとわかったら、後は適正な治療をしていきましょう。

スポンサーリンク