過呼吸で声が出ない

過呼吸で声が出ない

過呼吸で声が出ない

過呼吸の発作が起きると浅い呼吸になり、とても息苦しくなって、声が出したくても声が出なくなります。

 

声が出なくなる症状でも一時的なものとそうではないものがあるようです。

 

過呼吸で声が出なくなる症状についての詳細をお話していきます。

 

過呼吸と声が出ない症状は様々

過呼吸で声が出ない症状は様々です。過呼吸の発作が起きて、呼吸が乱れて、苦しすぎて声が出なくなる症状があります。症状が起きている時だけ、声が出ない症状です。

 

もうひとつはとても衝撃的な出来事があり、強いストレスがかかった時に最初に声が出なくなってしまう症状です。声が出なくなる症状と併発して、過呼吸の発作が起きる症状もあります。もちろん、過呼吸が落ち着いた後も声が出ません。この症状は珍しい症状で、よっぽどの強いストレスや衝撃がない限り、起こらない症状です。

 

声が出ない症状を失声症といいます。声が出ないということは伝えることもなかなか難しいので、なかなか伝わらない時にストレスを感じて過呼吸になることもあります。

 

過呼吸で声が出ない時の対処法

過呼吸の発作が起きて、発作の時だけ声が出なくなる場合は発作が落ち着くまで待ちましょう。落ち着くとしっかり声が出ると思います。

 

前述で言ったとおり、声が全く出なくなった時はまず、耳鼻咽喉科に行きましょう。それで異常がなかったら、心療内科や精神科に行ってください。失声症の場合は心療内科や精神科に通って、治療していくことをお勧めします。

 

服薬をはじめ、発声訓練やカウンセリングを受けながら治療を前向きにしていきましょう。何事も気持ちを前向きに持ち、焦らずゆっくり治していくことが大切です。

 

ほとんどの人は半年から1年ぐらいで治っています。うつ病と併発してしまう人もいるので、そういう場合はもっと時間がかかる場合があります。

スポンサーリンク