過呼吸とみぞおちの痛み

過呼吸とみぞおちの痛み

過呼吸とみぞおちの痛み

過呼吸になると腹痛がの症状が出ることはありませんか。腹痛といってもどの部分が痛いですか。過呼吸になってから、みぞおちが痛くなる時と過呼吸になる前にみぞおちが痛くなる場合があると思います。

 

みぞおちが痛くなる症状はどんな時に起こるのでしょうか。

 

過呼吸とみぞおちの痛みが起きる時

過呼吸の発作が起きて、呼吸が浅くなり、呼吸が速くなります。呼吸が速くなるにつれて、しびれや筋力の硬直、胸の痛みや腹痛といった症状がさらに起こってきます。

 

過呼吸の発作が起きると、血液がアルカリ性に傾き、血管が収縮します。血管が収縮することによって、全て症状が起きてきます。みぞおちが痛くなるのも血管が収縮していることが原因です。

 

その他にも言われていることはストレスが原因で痛くなることもあります。自律神経が乱れることによって、胃に負担がかかり、みぞおちが痛くなります。あまりストレスがかかりすぎると、みぞおちの痛みから発症し、過呼吸になることもあります。過呼吸になるとさらにみぞおちの痛みが増すので、気をつけてください。

 

みぞおちが痛くならない方法

みぞおちが痛くならない方法は過呼吸を起こさないようにすることです。

 

過呼吸の症状が重度になっていく程、みぞおちの痛みの症状が出てくるので、過呼吸が起きても症状が重度になる前におさまることがベストです。

 

過呼吸が起きそうになった時は自分で過呼吸の発作がきそうだと自覚があると思うので、なるべく、過呼吸が起きそうだと思った時に対処できるといいと思います。

 

あとはストレスをためないようにすることです。自分に合ったストレス解消法を見つけて、上手くリフレッシュしながら、日々の生活を過ごしていくといいと思います。好きなことや趣味、何でもいいので、ストレスをためないような生活をしてください。

 

リフレッシュしながらも精神的に少しずつ強くなっていく身体作りをしてみてください。

スポンサーリンク