アレルギーと過呼吸の関係

アレルギーと過呼吸の関係

アレルギーと過呼吸の関係

アレルギーを持っている人が過呼吸になることがあります。

 

では、どんなアレルギー症状の人がどういうことで、過呼吸になるのでしょうか。

 

これから、アレルギーと過呼吸の関係についてお話していきます。

 

どんなアレルギーが過呼吸を引き起こすのでしょうか

食物アレルギーでも症状が皮膚に出る人がほとんどですが、重度の患者さんの場合、皮膚だけでなく、呼吸困難になる人もいます。

 

また、呼吸器系のアレルギーを持っている患者さんは気管支が狭くなり、呼吸が浅くなるため、過呼吸になりやすいです。

 

食物アレルギーの場合は少しずつ治していくためにその食物をちょっとずつ食べていく治療法があります。

 

治療をしないといけないストレスになり、過呼吸になる患者さんもいます。

 

具体的にはアレルギー反応が出る食物を食べないといけないというストレスと食べるとまた、皮膚がかゆくなってブツブツが出来るのではないかという不安や症状が出てからのストレスがあります。

 

身体に負担がかかるのは間違いないことなので、気をつけなければいけません。

 

アレルギーと過呼吸の関係を上手に付き合っていくためには

食物アレルギーの方はその食物を食べなければ、過呼吸も起こらないと思いますが、呼吸器系の喘息アレルギーを持つ患者さんはなるべく発作が起きないような環境作りをしないといけません。

 

呼吸器系はハウスダストや犬、猫などの動物の原因が多いと思うので、細目に掃除をしてきれいにしたり、窓をあけて空気を入れかえるなど、自分で発作が起きないように工夫をしていく必要があります。

 

大変なことだとは思いますが、症状が出ないだけでも楽になると思うので、環境作りを根気強く頑張ってやってみてください。

スポンサーリンク