二日酔いと過呼吸

二日酔いと過呼吸

二日酔いと過呼吸

お酒を飲みすぎて、二日酔いによくなる人やお酒が残りやすい人は過呼吸になったことがありませんか?

 

少し息苦しく感じる、動悸がひどい、吐き気やめまいもするといった人には過呼吸になる可能性があるので要注意です。

 

二日酔いと急性アルコール中毒になった人は過呼吸になりやすい

会社や友人の付き合いで飲み会が多いことはありませんか?その時のテンションで一気飲みしたり、お酒が進むことも多いと思います。急性アルコール中毒と二日酔いは身体にアルコールが残った状態の人が多いです。

 

そういう人がなぜ、過呼吸になりやすいのでしょうか。

 

血液中のアルコール濃度が高まると吐き気やめまい、動悸がしてきます。その症状がひどくなってくると呼吸が浅くなり、呼吸の速度も速くなります。そこから過呼吸になる人が多く、中には意識を失くす人もいて、救急車で運ばれることが多いです。

 

二日酔いからの体調の悪さから、過呼吸に変わることは少なくありません。血液中のアルコール濃度が高まらなければ、過呼吸にもなりにくいでしょう。

 

二日酔いからの過呼吸を防ぐには

では、二日酔いからの過呼吸を防ぐにはどうしたらいいのでしょうか。

 

まずは空きっ腹の状態でお酒を飲まないことです。飲む前にウコンやタウリンなどの栄養ドリンクを飲んでも空きっ腹で飲んでいれば、二日酔いになることは防ぐことができません。ある程度、食事でお腹を満たしつつ、ゆっくり飲むことが大事です。

 

相手のペースに合わせて飲むことも大事ですが、せっかくの飲み会を二日酔いやアルコール中毒になってしまっては楽しい飲み会も楽しくなくなります。

 

それでもいつもと同じ量を飲みたい時は休憩して、水を飲むことをお勧めします。間に水を飲むことによって、血液の流れもよくなり、血液中のアルコール濃度も下がるので、二日酔いになることも避けられます。

 

自分でコントロールしながら飲むことが一番大事です。ぜひ、この方法を試してみてください。

スポンサーリンク