興奮による過呼吸

興奮による過呼吸

興奮による過呼吸

過呼吸は色んなことが原因で起こります。

 

怒ったり、泣いたりした時に興奮状態になることで過呼吸が起こりやすいことはご存知でしたか?

 

興奮による過呼吸についてお話していきます。

 

興奮状態になると過呼吸の発作が起きやすい

過呼吸の発作が起こった時を思い返してみてください。冷静になって、振り返ると怒ったり、悲しんだり、興奮状態に陥ってることが多くないですか。

 

ただ、それは言葉に出して怒ったり、泣いたりするわけではなく、気持ち的なところが興奮状態に陥ってる状態です。感情が込み上げてきて、呼吸が浅くなり、呼吸の速度が速くなって、過呼吸の発作が起きます。

 

もうひとつは過呼吸になった時、呼吸中枢を刺激するため、興奮状態になるということも言われています。

 

他にもコンサートに行って、暴れまくって、興奮状態になり、過呼吸の発作が起きて、失神する人も多いようです。

 

興奮状態から、過呼吸にならないためには

我慢していると込み上げてくる感情があり、興奮状態になることがあります。感情的になりそうになるということは相手がいることでなります。つまりはその相手に対して、何を言われても半分聞き流すつもりで接することです。

 

難しいですが、半分聞き流すためにも相手に対して無関心になることがベストだと思います。もしくは極力関わらないことです。

 

言葉にして言えることなら、言ったほうがいいでしょう。そのほうがスッキリします。我慢しすぎると、興奮状態になりやすいので、上手くその我慢を発散させるという方法もあります。

 

その場で発散させるには違うことを考えたり、一度、トイレや休憩場所に行けるなら、場所を変えて休憩したり、美味しい物を食べたりして、上手く解消してください。そうすることによって、少し落ち着きを取り戻し、興奮状態ではなくなります。

 

興奮状態を防ぐことが出来れば、過呼吸にもならないと思うので、自分でリラックスでることや場所をあらかじめ探しておくことです。

スポンサーリンク