過呼吸を誘発するもの

過呼吸を誘発するもの

過呼吸を誘発するもの

過呼吸の発作が起きて、その後も何度か過呼吸の発作が起きることがあります。

 

では、過呼吸の発作の誘発するものは何だと思いますか。

 

その原因から見つけていけば過呼吸の発作が起きる前に防ぐことができるかもしれません。

 

これから過呼吸を誘発するものをお話しさせていただきます。

 

過呼吸を誘発するものは不安とストレス

過呼吸を誘発するものは主に不安とストレスです。

 

「また、過呼吸になるかも」と、いう不安と恐怖と緊張が高まると、過呼吸の発作が起きます。

 

強いストレスを感じた時に過呼吸の発作が起こる人がほとんどですが、強いストレスを感じて、泣くのを我慢したり、泣いた時に呼吸が浅くなって、呼吸の速度も速くなっていくと、過呼吸の発作が起きることもあります。

 

泣くことで過呼吸を誘発させてしまうことがあることはご存知でしたか?

 

一言で泣くと言ってもストレスがない嬉し涙などは過呼吸にはなりません。強いストレスがかかって、泣いてしまう時に過呼吸の発作が起きます。泣く原因の違いだけはハッキリさせておきましょう。

 

過呼吸を誘発させてしまう対処法

過呼吸を誘発させてしまうような状態は前述のとおりです。

 

強い緊張や不安や恐怖が少しずつ過呼吸の発作へと導く要因になっていると思います。まず、その気持ちを持たないような場所に行くことをお勧めします。

 

過呼吸が起こった場所に行くと、過呼吸の発作が間違いなく起こるでしょう。過呼吸が起こってから、しばらくはその場所へ行かずに休むことを考えましょう。

 

それと、頭から過呼吸のことを離すことが大事になってきます。違うことに視線を向けて、楽しいことを考えるようにしましょう。それだけでも気持ちがリラックスできます。

 

どうしても過呼吸になってしまった時は開き直って、次こそはならないようにしようとか、次に過呼吸になっても発作の時間が短くなればいいなとか、前向きな捉え方でいきましょう。

 

発作の時間が短くなっていくことはどんどん治ってきている証拠なので、過呼吸を怖がらずに受け入れていくという方法もあります。

 

どちらにしてもゆっくり時間をかけて治していきましょう。

スポンサーリンク