過呼吸に初めてなった場合は

過呼吸に初めてなった場合は

過呼吸に初めてなった場合は

過呼吸に初めてなった時はどうしていましたか。

 

過呼吸に初めてなった時、過呼吸だと気づきましたか。

 

私は初めて過呼吸になった時は過呼吸だと気づきませんでした。

 

過呼吸に初めてなった場合どうしたらいいのか対処法をお話していきます。

 

過呼吸に初めてなった時

過呼吸に初めてなった時、過呼吸だと気づくことが難しいと思います。それは周囲もわからないと思います。突然のことなので、過呼吸が起こった本人もパニックになりますが、周囲で見ている方々もパニックに陥ると思います。

 

過呼吸だと思っていても判断がとても難しいです。私も初めて過呼吸になった時は泣くのを我慢してたら、突然呼吸困難になったので
よくわからないまま、病院に運ばれました。その時にパニックになり、意識が遠のいたことは覚えています。

 

先生がいたら先生を呼んできて、判断してもらうことも出来ます。大人の方が慣れておられる方もおられるので、自分でわからなかったら、誰かに助けを求めることも必要となってきます。

 

過呼吸に初めてなった時の対処方法

前述のとおり、過呼吸に初めてなった時は過呼吸だと気づかないことが多いです。周囲でも判断しにくいと思います。手っ取り早いのは病院に運ぶことです。そうすることによって病院の医師が診断をしてくれます。

 

例え、過呼吸じゃなくて違う病気でも早めに対処してもらえるので、命を救うことはできます。これはあくまでも周囲に人がいる時の対処方法です。一人で過呼吸になった場合は落ち着いてから病院に行きましょう。

 

過呼吸だと自分で気づいたとしても違う病気の可能性もあるので、必ず病院に行き、医師に診断してもらうことが大事です。過呼吸と診断されれば、その後の対処法を医師が指示してくれます。医師のアドバイスを聞きながら、医師の指示に従って、治療をしていってください。

スポンサーリンク