過呼吸と倦怠感

過呼吸と倦怠感

過呼吸と倦怠感

過呼吸発作を起こした後の方は、ほとんどの場合ぐったりしていますよね。

 

これはなぜなのでしょうか。また、過呼吸発作を起こした方がぐったりしている場合、どう対処すれば良いのでしょうか。

 

ここでは、過呼吸とその後の倦怠感についてご説明していきます。

 

過呼吸と倦怠感

過呼吸発作を起こした後は、過呼吸を起こしやすい方、不運にも突然過呼吸がでてしまった方、どちらにしても倦怠感を感じます。ほとんどの場合、その後すぐに活動することは非常に困難です。

 

ひどい人になると、意識は認められるものの、ぐったりして声も発せないほどだったりします。

 

この倦怠感は、精神的な極度の緊張、そして呼吸が激しかったこと、過呼吸時の筋肉の緊張などが原因で引き起こされます。

 

過呼吸を起こして倦怠感を感じたとしても、それが過呼吸後のみに限られる症状であれば、自然なことですから心配する必要はありません。

 

もしも、倦怠感がずっと取れなかったり、過呼吸を起こす、起こさないに限らず、常に倦怠感があるということであれば、別の原因が考えられますから、一度病院で検査を受けてみましょう。

 

過呼吸後の倦怠感に対処する

過呼吸の後の倦怠感は、しばらく休んでいれば治ります。

 

早ければ数十分で、長ければ数時間かかるかもしれませんが、翌日まで倦怠感を引きずるようなことはほとんどないでしょう。

 

休むことが必要なので、過呼吸を起こした後は、活動をつづけたりせずしばらく安静にしておきましょう。徐々に楽になるはずですから、動けるような体になれば活動を始めてください。

 

特にお仕事をされている場合は、周囲の方の理解も必要です。頻繁に過呼吸を起こす方は、過呼吸を起こした後は休息が必要だということを周囲に理解しておいてもらうことをおすすめします。

スポンサーリンク