過呼吸による喉の異常

過呼吸による喉の異常

過呼吸による喉の異常

過呼吸発作の症状を見てもわかるとおり、過呼吸は激しい呼吸をする発作です。

 

その呼吸は主に吸うことが中心となっていますが、激しい息をしていることには変わりありません。

 

このときに心配なのが、喉の乾燥です。

 

ここでは過呼吸と喉の痛みについて掘り下げていきましょう。

 

呼吸のしすぎで喉が痛くなる

前述のとおり、過呼吸発作は激しく息をする発作のため、過呼吸が治まった後に喉の渇きや喉の痛みを訴える場合もあります。

 

激しく呼吸をすると、喉が乾くというのは予想の範疇ですよね。では、喉が痛いというのはどういうことでしょうか。

 

喉が渇いた状態がひどかったり、発作中に喉に力が入っていれば、喉が痛いという症状が現れることがあります。

 

どちらにしても、喉に炎症が起こるほどではないことがほとんどですから、喉が痛いという症状についてはそこまで心配する必要はありません。

 

喉を傷めないために

心配はないとはいえ、やはり喉の異常は不快ですよね。できれば、すぐに治したいですし、痛くならなければそれが一番です。

 

予防策としてできることは、発作中は乾燥した部屋を避けることでしょう。夏場もクーラーがよく効いている部屋は乾燥していますし、冬場はもっと気をつける必要があります。

 

必要に応じて加湿器などを使うようにしましょう。

 

また、喉に異常を感じたときですが、のど飴をなめたり、はちみつをなめたりすることでかなり改善されるはずです。

 

喉が渇いていると感じるのであれば、刺激の少ない水分を摂るようにしましょう。ぬるいお茶などがいいでしょう。あまり熱すぎたり冷たすぎたりすると、喉に負担を与えてしまうので、避けるようにしてください。

 

しばらくしても、症状が治まらないようであれば、なんらかの異常が起きている可能性もあります。そういった場合は、一度病院に行って、喉の調子を見てもらいましょう。

 

過呼吸が原因ではなく、他の要因があるのかもしれません。

スポンサーリンク