過呼吸の原因:運動

過呼吸の原因:運動

過呼吸の原因:運動

激しい運動をすると、過呼吸の発作が出てしまうという方がいます。過呼吸の主な原因はストレスと言われていますが、ストレスだけが過呼吸を誘発するとは限らないのです。

 

ここでは、運動と過呼吸についてまとめてみました。

 

運動と過呼吸

激しい運動は、過呼吸発作を引き起こす原因になる場合があります。その理由は、息があがり呼吸が浅くなってしまうからです。そういった呼吸を小刻みに行っていると、過呼吸発作につながる可能性があります。

 

運動から過呼吸を起こされる方は、必ずしも常に起こすわけではなく、異常に呼吸が上がった時に過呼吸発作が起こるタイプと、特定の激しい運動をすると過呼吸発作がほぼ必ず起こるというタイプなど、そのタイプや頻度はさまざまです。

 

また、激しい運動をしたために、一度過呼吸を起こしてしまうと、同様の運動をしたときに「また過呼吸になるのでは」「過呼吸になりたくない!」といった不安を感じることもあるでしょう。その不安が過呼吸を誘発してしまうということもあります。特に、激しい運動時に毎回過呼吸を起こすような方は、過呼吸への不安が原因となっている可能性が高いので、対策が必要です。

 

運動から起こる過呼吸を予防する

1度や2度くらい激しい運動から過呼吸を起こしたという方は、あまり心配しないことが一番の対策です。たまたま起きてしまった。くらいに捉えておきましょう。

 

運動をする度に過呼吸を起こすような方は、まずは過呼吸の発作を怖がらないようにしてみてください。過呼吸で死ぬことはありませんから、大丈夫です。

 

そう思うことで不安が取り除け、過呼吸のことをあまり考えなくなるでしょう。

 

もしも運動をしている時に過呼吸を起こしてしまったら、すぐに運動は止め安静にしてください。呼吸も、吐く方に意識を向け、出来る限りゆっくりと深く行いましょう。

 

発作が起きた日は、運動を控えた方がいいでしょう。過呼吸は死ぬようなものではありませんが、体力的には疲労感が激しいのです。

スポンサーリンク