アルコール依存症と過呼吸

アルコール依存症と過呼吸

アルコール依存症と過呼吸

お酒を飲んでいて、過呼吸のような症状が出たことのある人、また出た人を見たことがある人はいるでしょうか。お酒を飲むと過呼吸発作はいつもより起こりやすくなる場合もあります。

 

そしてお酒を飲むと過呼吸発作が出るのに、お酒を止められないという人もいます。

 

ここでは、アルコール依存症と過呼吸発作について考えてみましょう。

 

アルコール依存症と過呼吸発作

ただお酒を好きで、よく飲むという方はアルコール依存症ではありません。

 

ですが、お酒の飲み方をコントロールできず、飲んではいけないと思っていても飲んでしまうような状態だとアルコール依存症だと言えます。

 

アルコール依存症の方は、お酒に強いというわけではなく、弱い方もいますが、お酒に弱い方というのはお酒に酔った時に過呼吸が怒ってしまいやすいのです。

 

過呼吸発作をよく起こす方が、アルコール依存症にもなってしまった場合は、過呼吸発作が起こるリスクをわかっていても、お酒を止められないため、まずはアルコール依存症の治療を真剣に行う必要があります。

 

過呼吸発作自体は、辛いだけで死に至るような病気ではありませんが、アルコール依存症は多量の飲酒の影響で重篤な疾患にかかってしまう恐れがあるからです。

 

急性アルコール中毒と過呼吸

アルコール依存症ではないからといって、気をつけなくてもいいわけではありません。

 

お酒に弱い方がお酒を飲みすぎると、動悸がしたり、冷や汗が出たり、過呼吸発作を起こしたりという症状が現れます。

 

急性アルコール中毒の症状として、悪寒や寒気の他に過呼吸発作が出ることもあります。

 

ただでさえ、アルコールの影響で体が不調な状態にあるのに、過呼吸発作まで起きるとパニックになってしまいますよね。

 

ですから、過呼吸発作を日頃から起こしやすいという方は、特にお酒の飲み方には気をつけなければなりません。

スポンサーリンク