空腹時の過呼吸

空腹時の過呼吸

空腹時の過呼吸

過呼吸になる原因は人によってさまざまです。

 

代表的なものは、精神的なストレスや過度の疲労、不安感、激しい運動などですが、稀に空腹時に過呼吸が起きるという方もいます。

 

これは一体どういう現象なのでしょうか。

 

ここでは、空腹時に起きる過呼吸についてご説明していきます。

 

空腹時の過呼吸

空腹時に手足の指先が痺れたり、体が震えたり、動悸や冷や汗が出るといった症状が起こる人がいますが、これは低血糖から来る症状です。

 

そのため、こういった症状が出た場合は、すぐにエネルギーになるようなものを食べることで、症状が落ち着いていきます。

 

また、こういった症状と共に過呼吸発作を起こしてしまう方がいますが、それが低血糖が原因だった場合は、何か食べて低血糖状態を脱すれば、過呼吸発作も落ち着いていくでしょう。

 

しかし、過呼吸発作が出るほどひどい症状の場合は、ただの低血糖ではなく、糖尿病である可能性もあります。そのため、そういった方は一度病院で血液検査を受け、糖尿病ではなくて確かに低血糖症状であるということを確認する必要があります。

 

空腹時に過呼吸が起きたら

前述のとおり、空腹時の過呼吸は低血糖の症状なのですが、ただ動悸がしたり冷や汗がでるというだけの低血糖症状の場合は、何かを口にすることは難しくありません。

 

そのため、低血糖に対する対処が簡単なのですが、過呼吸発作の場合は、息苦しそうにしているため、なかなか何かを食べさせるということは難しいでしょう。
ですから、過呼吸発作がはげしくて、チョコレートなども食べれそうにないようなら、まずは過呼吸を落ち着かせる必要があります。

 

過呼吸を起こしている人に対して、吐く息に集中するように声をかけるといいでしょう。落ち着いて息をするようにすれば、低血糖状態のままでも、ある程度は症状が落ち着きます。

 

何か口にできるほどまでに落ち着いたら、糖分の多い飲み物を与えたり、ちょっとしたものを食べさせて、低血糖状態に対処をしましょう。

スポンサーリンク