過呼吸の原因:泣く

過呼吸の原因:泣く

過呼吸の原因:泣く

大泣きをしていた方が、泣きながら過呼吸の発作を起こしたというのを目にしたことは無いでしょうか。泣いているということは、精神的なダメージを何かしらかかえているという状態です。ですから、過呼吸が起こりやすいということは、想像しやすいのではないでしょうか。

 

ここでは、泣くのが何故過呼吸の原因になるのか、そしてその対処法などをご紹介します。

 

泣くと過呼吸になりやすい?

前述のとおり、泣いているとき人は何らかの精神的な負担を感じています。不安だったり、悲しかったり、辛かったり、そういう感情が昂ると過呼吸を起こしてしまう方もいるでしょう。

 

特に大泣きをすると過呼吸は一層起こりやすくなります。何故なら、泣いているときというのは、呼吸がいつもよりも荒くなっている状態です。そのため、呼吸中枢が刺激され、呼吸器系の自律神経が乱れることにより、過呼吸が誘発されてしまいます。

 

息が荒くなるという現象は、泣いたときだけではなく、咳がひどいときや運動をしたときでも、過呼吸を誘発しやすいということを知っておきましょう。

 

泣いて過呼吸を起こさないようにするために

特に不安感などから泣いて過呼吸の発作を起こすと、過呼吸の症状への不安感もあらわれ、ますます不安が増してしまいます。精神的に落ち着くのが困難なときの過呼吸は、長引きやすいので患者はとても辛いでしょう。

 

泣いた時に過呼吸を起こさないためには、なるべく声をあげて大泣きをしたりしないことです。息を不必要に多くしないということは、過呼吸予防になります。泣くのは構いませんが、ゆっくりと呼吸をすることを意識しましょう。

 

また、泣いているときもそばに誰かがいて慰めてくれていれば、不安感を感じにくく、精神面からの過呼吸に対策ができます。

 

傍に信頼できる誰かが居てくれるということは、もしも過呼吸を起こしてしまった時にでも、有効な対策となります。

スポンサーリンク