妊娠初期の過呼吸

妊娠初期の過呼吸

妊娠初期の過呼吸

体に不調があったり、いつもとは違う状況だと、過呼吸は起きやすくなります。

 

妊娠もその1つ。特に妊娠初期は、疲れやすかったり、だるくて動けないという方が多いのではないでしょうか。

 

その妊娠初期に、息苦しいと感じる方がかなり多くいるのはご存知でしょうか。

 

息苦しさといえば、過呼吸ですよね。ここでは、妊娠初期の過呼吸について説明していきます。

 

妊娠初期に息苦しいのは過呼吸?

妊娠初期には、つわりや全身倦怠感などで苦しんでいる妊婦さんがかなりいます。

 

それに加えて、息苦しさを感じるという方も多いようです。

 

この息苦しさは、妊娠初期のころにそれまでとはホルモンバランスが変わることが影響して、起こります。

 

息苦しいのは妊娠中には血中の二酸化炭素が増えるためです。

 

元々過呼吸を起こしやすいという方なら、この息苦しさが原因で、過呼吸になってしまうかもしれません。

 

そうではなかったとしても、ただ息苦しいというだけではなく、過呼吸になってしまう人もいます。

 

これは、息苦しさによって呼吸が浅くなってしまうことがあったり、妊娠初期のストレスが関係しているでしょう。

 

妊娠初期の過呼吸予防法

妊娠初期は中期や後期と比べて、動くのが辛く感じたり、常に体調不良に状態だと感じることが多いですよね。

 

この状態で何らかの活動をしようとすると、かなりストレスなのはどなたでもおわかりでしょう。

 

ですから、妊娠初期に体調不良になってしまっている方は、少しでもストレスを軽減し、過呼吸を予防するために、具合が悪いときには休むようにしましょう。

 

過呼吸がもし起こってしまっても、パニックにならないようにしてください。息をするときになるべく吐く方に意識を持っていけば、過呼吸も治りやすくなります。

 

過呼吸発作自体は、胎児には影響がありませんから、あまり心配しないようにすることも大事です。

 

要するに、妊娠初期に過呼吸を発症してしまったら、無理をしたり過度な心配をするのはやめて、リラックスして過ごすように心がけましょう。

スポンサーリンク