過呼吸の薬と妊娠

過呼吸の薬と妊娠

過呼吸の薬と妊娠

元々過呼吸持ちで、薬が手放せないという方は、妊娠してしまった時、薬のことが気になるのではないでしょうか。

 

赤ちゃんへの副作用を考えると止めるべきなのか、でも止めたら過呼吸が増えそうだ・・・と色々と心配することはあるでしょう。

 

ここでは、妊娠中の過呼吸の薬について考えていきましょう。

 

妊娠中に過呼吸の薬はやめるべき?

妊娠中には、赤ちゃんへの影響を考えて、控えるべきことが色々とあります。

 

特定の薬についてもそうですよね。では、過呼吸の薬はどうなのでしょうか。

 

結論から言うと、薬をやめるにしても、やめないにしても、自己判断で行うことは禁止です。

 

服用中の薬が赤ちゃんに影響があるかもしれませんし、薬をやめてしまったら過呼吸が悪化して、生活がままならなくなってしまうようなこともあるでしょう。

 

ですから、妊娠中という特別な状態のときには、過呼吸の薬をどうするかは専門家の判断に任せましょう。

 

薬を処方してもらっている心療内科、妊娠を見てもらっている産婦人科両方に相談してみるのがベストです。

 

ちなみによく過呼吸の方に処方されている薬は、妊娠中は控えるのが一般的です。

 

過呼吸持ちと妊娠

前述で少し触れたとおり、妊娠中は過呼吸の方によく処方されている薬は控えるのが普通です。

 

ですから、あまりにも過呼吸がひどいという方の妊娠はそもそもあまりすすめられていません。

 

それでも、子供が欲しいという気持ちがあれば、まずは薬がいらない程度の過呼吸持ちになってから、妊娠を考えた方が良いでしょう。

 

妊娠中は、普段とは体の調子が異なりますから、ますます過呼吸を起こしてしまうリスクが増えてしまいます。

 

そもそも薬を飲まなければならないほど、過呼吸が頻発するような方だと、大きなストレスになってしまうでしょう。

 

ですから、ひどい過呼吸持ちの方は、妊娠についても主治医と相談することをおすすめします。

スポンサーリンク