過換気症候群の対処としての呼吸法

過換気症候群の対処としての呼吸法

過換気症候群の対処としての呼吸法

過換気症候群とは、精神的なストレスなどが原因で過呼吸になり、その結果手足の痺れなどの症状が引き起こされる心身症です。

 

過呼吸は運動などで不規則な呼吸をしたときにも起こりますが、この場合は過換気症候群とは言いません。精神的なものが関係している場合に「過換気症候群」という名が使われます。

 

では、この過換気症候群での過呼吸に対処するためには、どのように呼吸に気をつければ良いのでしょうか。

 

過呼吸にならないための呼吸法

精神的な不安や緊張などによるストレスが過呼吸を引き起こしてしまうタイプの場合、日常的になるべく落ち着いた精神状態でいることが重要です。

 

そのためには、呼吸もできるだけ深くするように努めましょう。

 

浅い呼吸でいると、どうしても緊張が増してしまいます。人はストレス下にあるとき、呼吸が浅くなってしまうのですが、それを意識的に深くゆっくりしたものに変えることで、ストレスが緩和されます。

 

ストレスが緩和されれば、例え何かに対して不安な気持ちになっても、落ち着いて対処できるはずです。

 

ですから、日頃から深くてゆっくりとした呼吸をしていれば、過呼吸をある程度防げるでしょう。

 

腹式呼吸をマスターできれば、その効果は倍増します。

 

もし過呼吸になってしまったら

過換気症候群でもし過呼吸になってしまった場合も、呼吸法に気をつけることで、過呼吸を落ち着かせることができます。

 

過呼吸になってしまった直後は頭が真っ白になってしまうかもしれませんが、できるだけ呼吸の仕方を変えるためにも、息を吐く方に力を入れてください。

 

可能であれば、一度息を止めてみると、簡単に吐く方にスイッチできます。

 

呼吸をするときは、ゆっくりするように心がけてください。うまくいけば、驚くほどすぐに過呼吸が止まるはずです。

スポンサーリンク