ハンカチを使った過呼吸の対処法

ハンカチを使った過呼吸の対処法

ハンカチを使った過呼吸の対処法

過呼吸の対処法というと、これまではビニール袋や紙袋を口に当てるというのが一般的でしたよね。

 

しかし、その対処法で死者が出たためなのか、現在ではあまり推奨されている対処法ではありません。

 

それでは、ハンカチなどを口にあてるような対処法はどうなのでしょうか。

 

ここでは、過呼吸の対処法でハンカチを用いる場合についてみていきましょう。

 

過呼吸の対処法にハンカチは効果的?

前述のとおり、これまでは過呼吸といえばビニール袋か紙袋を口にあてるような対処が重宝されてきました。実際にこれで治まる場合もあるのですが、窒息で死者が出たこともあり、現在では推奨されていません。

 

ですから、この方法は絶対にやめておきましょう。

 

それでは、ハンカチを口にあてるような対処法はどうなのでしょうか。

 

結論から言うと、これは効果的だといえます。ハンカチであれば、タオルハンカチでも構いませんし、そういったものを持っていなければ、服なども代用できます。
それでは、どうやってこういったものを対処に使うのでしょうか。

 

ハンカチなどで過呼吸に対処する

過呼吸になってしまったときに、自分で呼吸をコントロールすることができれば、一番手っ取り早いのですが、過呼吸中はパニックになってしまっていて、なかなかそういったことが難しいのではないでしょうか。

 

そういったときに、ハンカチやタオルなどの布で出来たものはとても便利です。

 

これを口に当てて息をするようにすると、息がしづらくなります。繊維の間から空気はとおりますから、息が止まるようなことはありませんが、息をしようとすると、深くしなければ酸素が入ってきません。

 

ですから結果的に早い呼吸が治まるのです。

 

これで治ってしまえば、あとは安静にしておいて倦怠感が去るのを待つだけです。前述のとおり、ハンカチがなければ、服などでも代用できるのでお手軽な対処法なのではないでしょうか。

スポンサーリンク