過呼吸と水分の関係

過呼吸と水分の関係

過呼吸と水分の関係

体内の水分不足は、さまざまな体の不調を引き起こします。ひどい場合は脱水症状になってしまいますよね。

 

それでは、過呼吸と体内の水分には何か関係があるのでしょうか。

 

ここでは、過呼吸と水分の関係をみていきましょう。

 

水分不足だと過呼吸になるのか

体内の水分が不足していると、過呼吸が出るかどうかについては、どちらとも言いづらいところがあります。

 

水分不足のために倦怠感があったり、ストレスを感じるなら、そういうこともあるでしょう。そういった状態が過呼吸を誘発するからです。

 

また、喉の渇きなどから、不安感を感じれば過呼吸になってしまうかもしれません。

 

ですが、直接の関係はありません。

 

脱水症状までいくと、脱水症状の諸症状の1つとして過呼吸が出る場合もあります。

 

過呼吸と水分の関係

水分不足が原因で過呼吸になってしまうかもしれないというのは、前述の通り、水分不足が引き起こす不安などの感情が関係しています。

 

ですから、過呼吸と水分には直接関係がないのですが、過呼吸の予防策として水分を使うことができます。

 

それは、不安感を感じたときに冷たい水を飲むと、気分転換になるからです。

 

また、過呼吸は温度上昇する季節があまり得意ではありません。そのため、冷たい水を飲むことで、温度上昇で火照った体を落ち着けることができます。

 

過呼吸が来そうだと思ったら、冷たい水をぐっと飲んでみましょう。不思議と発作が治りやすくなります。

 

また、白湯もおすすめです。あたたかい飲み物には気持ちを落ち着ける効果がありますから、過呼吸が来そうだと感じたとき、または過呼吸発作が治まった後に最適です。

 

特に過呼吸発作を起こした後は、呼吸のしすぎで喉が渇いているかと思いますから、水分をよくとるようにしましょう。

スポンサーリンク