過呼吸の人の背中をさするのは効果的か

過呼吸の人の背中をさするのは効果的か

過呼吸の人の背中をさするのは効果的か

過呼吸に限らず、体調が悪そうな人を見ると、ついつい背中をさすってしまいませんか?

 

背中をさすられるという行為は、気持ちが落ち着く効果があるようにも思いますが、過呼吸の場合は効果があるのでしょうか。

 

ここでは、背中をさすることは過呼吸に効果があるかどうかについて考えてみましょう。

 

背中をさすると過呼吸は治まるのか

結論から言うと、ただ「背中をさする」という行為自体は、過呼吸を落ち着かせるのに効果があるとは言えません。

 

過呼吸は息のしすぎなので、呼吸をコントロールする方がずっと過呼吸自体を落ち着かせるのには効果を発揮します。

 

人に背中をさすられるのが苦手だという人の場合だと、むしろ過呼吸が悪化してしまいます。興奮してしまう人もいるから、むやみに背中をさするのはやめておいた方がいいでしょう。

 

過呼吸に効果がある場合

とはいえ、背中をさすると徐々に過呼吸が落ち着いてくるという方もいます。

 

これには実は個人差があるのです。

 

例えば、背中をさすっている相手に信頼感を覚えていて、その人になら背中をさすられると安心し、気持ちが落ち着いてくるという場合は、効果があると言えるでしょう。ですが、それは背中をさすられているということよりも、その相手との関係性が効果に現れているのです。

 

こういう方が周囲にいる場合は、背中をさすってもらった方がいいでしょう。過呼吸持ちの方は、そのあたりを説明して、事前にその方に過呼吸になってしまったときの対処法として背中をさすってほしいことを伝えておくと安心です。

 

ただし、その相手が限定されているということも伝えておきましょう。

 

嫌いな人や苦手な人、なんとも思っていない異性などに背中をさすられると、逆に生理的嫌悪感で過呼吸が激しくなってしまうこともあるので、注意してください。

スポンサーリンク