過呼吸と飛行機

過呼吸と飛行機

過呼吸と飛行機

過呼吸持ちの方は、日常とは違う行動をするときは、過呼吸が出てしまって大変なことになるのではないかと心配なのではないでしょうか。

 

その1つに飛行機に乗るという行為があるかと思います。陸路での移動とは違い、飛行機に乗っているときは逃げ場がないので、発作を起こしてしまうことに恐怖を感じるかもしれません。

 

ここでは、過呼吸と飛行機について考えてみましょう。

 

飛行機の中で過呼吸が起こらないかという不安

過呼吸持ちの方は、いつどこで過呼吸が起こるか予測がつきませんから、お出かけ時には常に不安をかかえているかもしれません。

 

特に飛行機という、逃げ場のない乗り物に乗ってしまうと、その不安も倍増してしまうかもしれません。

 

過呼吸の特性を考えると、その不安がますます過呼吸になるリスクを増加してしまうので、あまり心配しないのが一番なのですが、難しいところですよね。

 

飛行機の中で過呼吸を起こさないために

飛行機に乗って過呼吸が起こってしまうのでは・・・と不安に思う方は、そもそも飛行機を避けることができればいいのですが、そうもいかないときもあるでしょう。

 

そういう場合は、病院に相談して、飛行機に乗る前に過呼吸の予防薬として服用する薬をもらってみましょう。例え通常は過呼吸のために薬を飲んでいなかったとしても、飛行機に乗るとき限定で薬を処方してもらうことはできるでしょう。

 

また、飛行機に乗っている間、気をそらすために好きな本や音楽、映画などを持ち込んでみましょう。

 

できることなら、1人で飛行機に乗ることはせずに、仲の良い誰かと乗ると、もし過呼吸が起きたとしても大丈夫と思えて不安も落ち着くかもしれません。

 

飛行機の中で過呼吸を起こしたとしても、死ぬわけではありませんから、大丈夫だという自信をもつことも重要です。

 

でもやはり、怖いなら長距離線は避けておきましょう。

スポンサーリンク