マラソンやジョギングなど走ることと過呼吸の関係

マラソンやジョギングなど走ることと過呼吸の関係

マラソンやジョギングなど走ることと過呼吸の関係

過呼吸がさまざまな精神的なストレスから引き起こされるということは広く知られていますが、激しい運動などでも起こるというのはご存知でしょうか。

 

運動をするときは、呼吸が乱れることがあるのがその原因と考えられます。

 

マラソンやジョギングもその1つです。

 

ここでは、過呼吸とマラソンなどで走ることの関係をみていきましょう。

 

なぜ走ると過呼吸になりやすいのか

マラソンやジョギングなどで長距離を走り慣れていて、呼吸のコントロールもうまいという方は、走ることで過呼吸にはなりにくいかもしれません。

 

ですが、あまり走り慣れていない方がマラソンなどをすると、過呼吸になってしまうことがあります。

 

これは、走ることで呼吸が浅く激しくなり、それが引き金になって過剰に呼吸をしてしまうことが原因です。

 

マラソンなど走るという運動だけではなく、他のスポーツでも同じような状態になれば過呼吸になることがあります。

 

走っているときに過呼吸だと気づく方法

運動で過呼吸が初めて起こったという方は、過呼吸がどういうものかわからないかもしれません。

 

マラソン中になんだかだるいと思っても、走っているからしんどいのだと思い込んで、そのまま運動を続けてしまうのではないでしょうか。

 

しかし、もしも走っているときに体のしびれを感じたり、過剰な息苦しさを感じたら、走るのをやめて、とりあえず呼吸が落ち着くまで安静にしてください。

 

過呼吸であれば、走るのをやめてもなかなか息が落ち着かないかもしれませんが、しばらく安静にしていれば落ち着きます。深呼吸をするようにゆっくり呼吸をしてください。

 

そのあとは、とりあえず病院でその症状が本当に過呼吸によるものかどうかを判断してもらった方がいいでしょう。

 

もしも過呼吸だった場合は、走っているときの呼吸法を勉強することで、過呼吸を予防することができます。

スポンサーリンク