過呼吸と部活

過呼吸と部活

過呼吸と部活

過呼吸は思春期に発症しやすいということはご存知でしょうか。

 

学生の頃を思い出してみると、過呼吸で具合が悪くなって教室を出て行くような生徒がいたのではないでしょうか。

 

こういう方々が困ることの1つに部活動があります。

 

ここでは過呼吸と部活について考えてみましょう。

 

部活中の過呼吸について

10代という多感な時期に過呼吸を発症してしまうと、周囲の環境によっては、なかなか大変な思いをするのではないでしょうか。

 

それは、周囲の大人が過呼吸を理解できても、同年代の子供たちが理解できるとは限らないからです。

 

部活にはさまざまな種類がありますが、結果を求められるような部活だと、それに対する緊張やストレスで過呼吸を起こしてしまう人もいます。

 

また、部内でのいじめなどが原因で、過呼吸を起こしてしまうという人もいるでしょう。

 

あまり部活動中に過呼吸を起こしてしまうと、周りから嫌がられてしまう可能性だってあります。

 

それとは別に、激しい運動が伴う部活については、激しい運動による過呼吸を起こしてしまう人がいないとも限りませんから、過呼吸の対処法を全員が知っておくのが望ましいのではないでしょうか。

 

過呼吸持ちでも部活に参加するために

もしも過呼吸持ちで、しかも過呼吸が頻繁に出るということなら、可能であれば部活を控えることも考えてみましょう。残念ながら、顧問の先生全てが過呼吸を理解してくれるとは限らないので、結果的に辛い思いをしてしまうかもしれないからです。

 

それでも、部活がやりたいということなら、部内に信頼できる友達ができるとベストです。そうすれば、過呼吸についてあらかじめ説明しておくことができますし、安心感から過呼吸が起き辛くなるかもしれません。

スポンサーリンク