コンサートやライブでの過呼吸

コンサートやライブでの過呼吸

コンサートやライブでの過呼吸

過呼吸は精神的なストレスによる起きることで知られていますが、極度の興奮状態でも過呼吸になってしまうことがあります。また、人混みの中にいたりすると過呼吸になりやすいという人もいるでしょう。

 

コンサートやライブ会場などでは、過呼吸になってしまう方が少なからずいます。ここでは、コンサートやライブでの過呼吸について掘り下げていきましょう。

 

コンサートやライブで過呼吸になる

コンサートやライブというのは、実は過呼吸になりやすい場面なのです。

 

それにはさまざまな要因があります。まずは、大好きなアーティストのコンサートやライブだと、かなり興奮してしまうことです。それが嬉しい興奮であっても、興奮状態になると過呼吸を起こしやすいのです。

 

また、小さなライブハウスなどで人がぎゅうぎゅう詰めの場合は、人混みにもまれるストレスで過呼吸になってしまうでしょう。

 

ロックやパンクのライブなら、体を動かしすぎて、息が切れて過呼吸になるなんてこともありえます。

 

また、熱気にやられても過呼吸になってしまいそうですよね。

 

コンサートやライブには、こんなにも過呼吸になりやすい環境が揃っているのです。

 

コンサートやライブで過呼吸になったら

コンサートやライブ中に過呼吸になってしまったら、とても辛いかもしれませんが、一旦その場を離れて安静にできるところを探しましょう。もしくは、座席がある場所なら、座席に座ってもいいでしょう。

 

ただし、熱気のために過呼吸になってしまったのであれば、涼しいところに移動することをおすすめします。

 

過呼吸が落ち着いて、体もだるくなければ会場に戻っても構わないでしょう。

 

ですが、無理はしないようにしましょう。また過呼吸になってしまうかもしれません。

スポンサーリンク