過呼吸と車などの運転

過呼吸と車などの運転

過呼吸と車などの運転

過呼吸を起こすと、通常通りには動けなくなってしまいますよね。そのため、過呼吸中は身の安全を確保することが重要になります。

 

では、もし運転中に過呼吸を起こしたらどうなるのでしょうか。

 

ここでは、過呼吸と車などの運転について考えてみましょう。

 

もし運転中に過呼吸になったら

もしも運転しているときに過呼吸になってしまったら、どうなるのでしょうか。

 

過呼吸では、ハンドルの操作も、アクセルやブレーキの操作も、ままなりません。ですから、最悪の場合事故を起こしてしまうことが予想されます。

 

過呼吸発作の苦しさが我慢できたとしても、手足のしびれが、車の運転に関わる操作を邪魔してしまうでしょう。

 

ですから、過呼吸が起こっているときというのは運転をすべきではないのです。

 

運転中の過呼吸対処法

過呼吸による事故を防ぐためにはどうしたらいいのでしょう。

 

まず、薬などを飲んでも頻繁に過呼吸を起こすという方は、そもそも運転をすべきではないでしょう。運転中は、予期せぬ出来事が起こることもあり、そのショックで過呼吸になってしまうかもしれません。

 

そんなに頻繁に過呼吸がでない、且つ生活に運転が必要だという方なら、運転中にもしも過呼吸が起こりそうだという予感がしたら、すぐに車をどこかに停めましょう。

 

そして、過呼吸が治まって体が落ち着くまでは運転を再開するのを避けてください。

 

過呼吸持ちの方が運転が必要だという場合は、必ず医師と相談して、運転を避けるべきかどうかを検証しておきましょう。その結果、車の運転をしても大丈夫だということであれば、薬などで予防しながらうまく運転するといいでしょう。

 

過呼吸を起こしてしまったら事故につながるかもしれないのは本当のことですが、あまり心配しすぎても却って過呼吸を起こしてしまいやすくなりますから、リラックスして運転することを心がけましょう。

スポンサーリンク