食後の過呼吸

食後の過呼吸

食後の過呼吸

過呼吸は精神的なストレスのほか、さまざまなものからの影響で起こってしまう発作です。

 

では、食後に過呼吸が起こりやすいという方がいるというのはご存知でしょうか。

 

食事と過呼吸に関係性を見いだせないかもしれませんね。

 

ここでは、食後の過呼吸についてご説明していきましょう。

 

食後に過呼吸を起こしてしまう

ご飯を食べた後に過呼吸が起こりやすいという方がいます。

 

そういう方は特に食べすぎたり、胃の調子が悪かったりすると、過呼吸になりやすいでしょう。

 

体調不良のときは浅い呼吸が多くなり、結果的にそれで過呼吸になってしまうという方もいますが、食べすぎや、胃の調子が悪いのにご飯を食べたことで、吐き気などを感じて、結果呼吸が浅くなったり、不快感を感じて過呼吸を引き起こしてしまいます。

 

ですから、胃が悪い方は食後に過呼吸を起こしやすいと言えるでしょう。

 

食後に過呼吸を起こすときの対処法

もしも食後の過呼吸が続くという場合、いつも許容量以上に食べていないかまずは考えてみましょう。

 

食べる量が多いというわけでなければ、胃腸の検査に行ってみてください。

 

胃が荒れていても、痛みを感じなかったり、ちょっと重いだけという場合もあります。

 

もしも、胃の調子が悪いのであれば、胃が元気になれば食後の過呼吸も軽減されるでしょう。

 

胃が悪いわけでも、食べすぎというわけでもないという場合、ガツガツ早食いはしていないでしょうか。あまり噛まずに飲み込むことで毎回胃がびっくりしているのかもしれません。

 

食後に過呼吸を起こしたら、吐き気を伴うことが多いかもしれませんし、本当に吐いてしまうこともあるでしょう。

 

そのときのために、仰向けに横になるのはやめておきましょう。吐瀉物が気管に入ってしまうおそれがあります。食後に過呼吸を起こして、横になりたい場合は必ず横向きで横になるように気をつけましょう。

スポンサーリンク