過呼吸と友達関係

過呼吸と友達関係

過呼吸と友達関係

過呼吸発作は、過呼吸持ちの人が精神的なストレスを感じたときに起こるため、「かまってちゃん」だとか「気にして欲しい人」というような見られ方をすることがあります。

 

こういった問題が、友達関係に亀裂が入ったりしやすい点でしょう。

 

ここでは、過呼吸と友達関係について考えていきましょう。

 

過呼吸と友達関係

過呼吸発作は、何か不安を感じたり、恐怖を感じた時に起こります。

 

そのため、友達と遊んでいるときに何か嫌なことがあったりすると過呼吸になるということがあるでしょう。

 

大人だったら、過呼吸がどのようなものか理解できるようになってくるので、それで友達関係がどうこうなるということは稀でしょう。

 

しかし、思春期の頃となると、そういうことがあるとわがままだとか、かまってちゃんだとか言われてしまうこともあります。

 

実際、全く迷惑をかけていないというわけではありませんから、友達側の言い分もわからなくはないのですが、過呼吸持ちの方でこの点に苦しんでいるという方は少なくありません。

 

友達の理解を得られると過呼吸は楽になる

過呼吸持ちの方は、なるべく周囲の友達に過呼吸への理解をしてもらえるようにする必要があります。前述の通り、過呼吸についての正しい知識がないと、友達から嫌がられてしまうこともあるからです。

 

それなりによく遊ぶ友達には、過呼吸が何で、どういうものなのか、過呼吸が起こったらどう対処すれば良いのかを伝えておきましょう。

 

友達が過呼吸について理解してくれれば、発作のときの対処も手伝ってくれるでしょうし、変な誤解を受けなくてすみます。

 

正しい知識を友達にも持ってもらって、何かのときに対処してもらえるようにしておくと、結果的にお互いかなり楽になるでしょう。

スポンサーリンク