仕事中の過呼吸

仕事中の過呼吸

仕事中の過呼吸

過呼吸持ちの方は、日常生活において過呼吸に困らせられることが多くあるのではないでしょうか。

 

その1つが仕事中の過呼吸です。学生の頃なら、過呼吸が起きたらすぐに保健室に行けばよいのですが、仕事中となるとそうもいきません。

 

ここでは、仕事中の過呼吸について考えてみましょう。

 

職場で過呼吸を起こしてしまう場合

普通にフルタイムの仕事をしている場合、生活の大部分を職場で過ごしているでしょう。

 

ですから、過呼吸持ちの方であれば、どうしても仕事中に過呼吸になってしまうということもあるはずです。

 

また、仕事がストレスになっていたら、過呼吸が起こってしまう可能性も倍増してしまいますよね。職場で過呼吸になってしまったら、周囲に迷惑をかけている罪悪感が、過呼吸を治りづらくしてしまいます。

 

職種によっては、さらに大変な事態になることもあるでしょう。例えば接客業ならお客さんへの影響もありますし、精密機械の操作なら、誤操作をしてしまうかもしれません。

 

ですから、過呼吸持ちの方が仕事をする場合、過呼吸をコントロールすることが必要なのです。

 

仕事中の過呼吸への対処法

まず、過呼吸がひどいという方は、病院で相談して予防薬などを処方してもらった方がいいでしょう。少しでも過呼吸の頻度が減った方が安心です。

 

過呼吸持ちの方が、接客業をするのは危険かもしれません。お客さんの中には、クレーマーのように怒鳴ったりする人もいます。そういう時に過呼吸を起こしてしまうと、大事になるからです。

 

また、危険な機械などの操作にもあまり向いていないでしょう。

 

事務職で、同じ会社の社員にしか会わないような職場なら、むいていると言えます。

 

その場合でも、周囲に過呼吸のことを周知する必要があるでしょう。なぜなら、突然過呼吸になってしまったら、周囲の方が混乱してしまうからです。

 

周囲が協力的な会社に就職できるのがベストですが、そうもいかない場合でも、薬などに頼りながらなるべく過呼吸をコントロールしていきましょう。

スポンサーリンク

関連ページ

労災
退職
バイト
休職