過呼吸が原因の退職

過呼吸が原因の退職

過呼吸が原因の退職

過呼吸を発症してしまい、その症状が重いということであれば、退職を考えるという人もいるでしょう。

 

また仕事の種類によっては、退職せざるをえないということもありますよね。

 

ここでは、過呼吸が原因で退職する場合について考えていきましょう。

 

過呼吸のため仕事を退職する

過呼吸発作が重くて、仕事中にでも発作を繰り返してしまうというような場合、また、接客業で常にお客様と接するというような場合、精密機械を扱うような仕事で突然過呼吸が起きると危険だというような場合など、過呼吸が原因で退職するようなパターンはさまざまです。

 

状況によっては休職をすることも可能かもしれませんが、そもそも仕事のストレスが過呼吸の原因になっている合は、退職の方が現実的ですよね。

 

どちらにしろ、精神的な面での症状を理由に退職する場合、先に専門医にかかり、医師の意見も聞いてみましょう。

 

その上で、過呼吸のために退職をしたいのであれば、可能であれば診断書を書いてもらって、会社に提出するとスムーズです。

 

退職後の生活

過呼吸が原因で退職をする場合、まずは過呼吸の治療に専念しましょう。

 

次の職場を探しても、そこで過呼吸が起きてしまうと、また同じことだからです。新しい職場で過呼吸を起こす方が、元々いた職場で過呼吸になるよりリスキーですよね。

 

失業保険の受給を目指す方は、治療がある程度終わって、担当医が就職活動してもいいと言ってから申し込みをします。

 

詳しいことは、退職時にハローワークで訊くべきですが、そういう場合は、退職時に手続きが必要なので、病院からの診断書を持ってハローワークで手続きをします。

 

これについては、各地域によって多少手続きが異なりますので、自分の地域のハローワークで、病気で退職した旨と、医師の診断によるすぐには働けないということを伝えながら相談してみましょう。

スポンサーリンク

関連ページ

仕事中
労災
バイト
休職