過呼吸による休職

過呼吸による休職

過呼吸による休職

過呼吸が頻繁に出る場合、当然仕事に支障が出てきてしまいます。

 

同じ職場に何年も務めているということでしたら、退職よりも休職を考えるのではないでしょうか。

 

ここでは過呼吸で休職する場合について、考えてみましょう。

 

過呼吸で休職はできるのか

病気を理由に休職する場合、ほとんどの会社で診断書の提出が求められるでしょう。

 

ですから、過呼吸になって病院に行き、仕事をしばらく休むようにという診断書がもらえれば、会社にもよりますが休職は可能でしょう。その場合は、過呼吸というよりも、パニック障害などの診断名がつくパターンが多いでしょう。

 

休職という制度そのものがない会社だと、有給休暇を使っての休暇ということになるのではないでしょうか。また、期間が短い場合も、そういうことになるケースが多いでしょう。

 

休職ができるかどうかについては、会社の環境や制度にもよりますから、とりあえず医師から仕事を休むようにと指示された場合は、会社に相談をしてみましょう。

 

休職中、休職後の仕事について

休職をしてどんどん過呼吸が改善されていくのであれば、あまり心配はありません。

 

休職後に職場復帰して元気に働けるようにするためにも、休職中は体と心を休めることと、過呼吸の治療に専念しましょう。

 

医師から、仕事をしてもいいというように言われるまで回復したら、復帰となりますが、その際にも喜んで復帰できるような状態なら問題ないでしょう。

 

ただし、あまりにも症状が改善しなかったり、職場に戻ることにストレスを感じるようなら、休職ではなく、そのまま退職することも考えた方がいいかもしれません。

 

特に職場の環境自体がストレスで過呼吸が発症してしまった場合には、これが当てはまります。

スポンサーリンク

関連ページ

仕事中
労災
退職
バイト