過呼吸の症状:息苦しい

過呼吸の症状:息苦しい

過呼吸の症状:息苦しい

過呼吸の症状のひとつに息苦しいという症状があります。これは、過呼吸の症状の代表格です。過呼吸を起こしているときに、息苦しくない人はいません。

 

本人は、あまりの息苦しさに死んでしまうかもしれないと恐怖を覚えますし、過呼吸に慣れていない周りの方から見ても、何かとてつもない大変なことのように見える程、患者は激しく息をします。

 

ここでは、過呼吸の症状の中でも息苦しさについて、掘り下げていきましょう。

 

過呼吸で感じる息苦しさについて

過呼吸を起こしてしまうと、息が浅くなり、もっと息をしなければという不安感から、呼吸が乱れたり荒くなったりします。端から見ると息はしているにもかかわらず、患者は息が止まるかのように感じます。

 

息が出来ないと感じる為に、死ぬのではないかという恐怖を感じる方もいらっしゃいます。過呼吸にある程度慣れていても、頭では死ぬわけではないと解ってしたとしても、死への恐怖感を感じます。

 

ですが、過呼吸から感じる息苦しさで死に至ることはほぼありません。稀に心臓発作を起こしてしまうこともありますが、非常に稀です。

 

重篤な状態になることもほぼありません。過呼吸になっても慌てずに対処することで、息苦しさも数分程度で止まります。

 

過呼吸で息苦しくなったら

あなたが過呼吸を起こしてしまって、息苦しさを感じたら、取り敢えず落ち着くようにしましょう。苦しいですし、なかなか難しいことかもしれませんが、落ち着くことが息苦しさから解放される術になります。

 

過呼吸になったら、ゆっくりと息を吐くことを意識しながら深呼吸をすれば、すぐに息苦しさも治まるでしょう。

 

周りの人が過呼吸になった場合にも、まずは落ち着かせてあげることを意識しましょう。

スポンサーリンク