過呼吸と市販の薬

過呼吸と市販の薬

過呼吸と市販の薬

過呼吸で病院にかかると、症状の程度によっては薬を処方されることがあります。

 

それでは、市販薬で過呼吸を治すことはできるのでしょうか。

 

ここでは、過呼吸と市販薬についてご説明していきます。

 

薬では過呼吸は治らない

残念なことに、過呼吸を治すための特効薬というのは存在していません。

 

ですから、例え病院で処方された薬であっても、市販薬であっても、過呼吸は治りません。

 

しかし、過呼吸の治療では薬が用いられることもあります。

 

なるべく薬は使用せずに治そうとするのが過呼吸の治療では原則ではあるのですが、症状の程度によっては薬を使うこともあります。

 

それは、不安や恐怖を抑えるような薬で、過呼吸を予防するためのものと、発作が出た時に使うものという種類があります。

 

こういったお薬は市販されていませんから、残念ながら市販薬を同じような用途で過呼吸に用いることはできません。

 

市販薬が使える場合

過呼吸の治療に市販薬はないのは前述のとおりですが、過呼吸発作による諸症状に市販薬を使うことは可能です。

 

たとえば、過呼吸によって頭痛の症状が出るなら、市販の頭痛薬を使用することができます。

 

全身倦怠感があるものの、その後働いたりしないといけないという場合に、市販の栄養ドリンクを飲むのも構いません。

 

吐き気止めなども市販薬として販売されています。

 

過呼吸によって何らかの症状が常に出るということなら、それを抑えるような薬を常備しておくと安心です。

 

ただし、病院から過呼吸のために薬を処方されている場合は、飲み合わせの問題があるので、市販薬ではなく、同じような効果のある薬を病院で処方してもらってください。

 

危険な副作用が出たりする可能性があるからです。

スポンサーリンク