過呼吸と低体温

過呼吸と低体温

過呼吸と低体温

過呼吸になるとさまざまな症状を感じます。

 

また、何かの病気のさまざまな症状の中に、過呼吸が入っているということもあります。

 

低体温の方は過呼吸になりやすい人もいるようですが、これはなぜなのでしょうか。

 

ここでは過呼吸と低体温について掘り下げてみましょう。

 

過呼吸と低体温の関係性

結論から言うと、過呼吸と低体温には直接の関係はありません。

 

過呼吸になったからといって、体温が上がったり下がったりはしませんし、低体温だと過呼吸が起こりやすいというわけでもなさそうです。

 

それにもかかわらず、この2つの症状を併発することが多いのはなぜなのでしょうか。

 

それは、どちらもストレスが原因で起こる症状だからです。

 

過呼吸がそうであるのは、すでにご存知かと思いますが、低体温という症状もストレスが関係しています。それは、体温調節は自律神経のはたらきによるものですが、ストレスによって自律神経のバランスが乱れると、体温調節がうまくできなくなるからです。

 

そういうわけで、大きなストレスを抱えている時に、低体温と過呼吸を併発することがあるのです。

 

ストレスとの付き合いかた

過呼吸も低体温も、その原因がストレスであるとわかっているのであれば、そのストレス自体を解消することで症状を改善することができます。

 

自律神経を整えるためには、しっかりとリラックスできる時間を作ることが大事ですから、1日に1度はゆっくりとぼんやりするような時間を取るようにしてください。
ストレスで過呼吸と低体温の症状が出ているなら、おそらく他にも体に不調が出ていると思われます。

 

その全ての症状はストレスと向き合い、解消することで改善されますから、自分なりのストレス解消法を見つけて、日常的に行うようにしてください。

スポンサーリンク