過呼吸を扱う小説

過呼吸を扱う小説

過呼吸を扱う小説

過呼吸について知識を深めるために、過呼吸を取り扱っている小説などを読んでみたいと思う人もいるかもしれません。

 

残念ながら、過呼吸がメインテーマになっているような小説はないのですが、過呼吸のシーンが出てくる小説はあるようです。

 

ここでは過呼吸を取り扱っている小説を紹介しましょう。

 

ノルウェイの森(村上春樹)

とても有名な小説家、村上春樹氏の長編小説のノルウェイの森に出てくる登場人物が、過呼吸を起こすシーンがあります。この場面は映画にもなっています。

 

それは、直子という女性で、主人公の親友の恋人という位置付けになります。

 

過呼吸がメインテーマなわけではありませんが、どういう状況で過呼吸が起こるかという参考程度にはなるでしょう。

 

そうではなくても、かなり人気のある名作ですから、一度読んでみてはいかがでしょうか。

 

その他の小説

過呼吸を取り扱っている小説があるとしても、本当に長い小説の中のワンシーンといったような形なので、あまり参考にはならないかもしれません。

 

ただし、インターネット上には、アマチュアの小説家の方が書いた過呼吸を取り扱う小説はいくつかあるようです。

 

こういったものを読んでみると、過呼吸について理解が深まるかもしれません。

 

ただし、こういう小説はアマチュアの方が書いているため、100%信頼できる内容ではないかもしれません。

 

過呼吸について理解を深めたいということなら、過呼吸を取り扱っている小説を探すよりも、過呼吸について説明のある本を読んだ方が、知識としては身につきやすいでしょう。

 

過呼吸としてというよりは、パニック障害の1つの症状としての過呼吸の方が文献が多いようですから、パニック障害を調べてみるといいかもしれません。

スポンサーリンク