わざと過呼吸の演技をする人

わざと過呼吸の演技をする人

わざと過呼吸の演技をする人

過呼吸発作は、発作中の人は本当に苦しく、死んでしまうのではないかと思うほどの苦痛を感じています。

 

ですが、世の中にはそんなに苦しいはずの過呼吸になっている演技をする人というのがどうやらいるようです。

 

ここでは、わざと過呼吸の演技をする人について考えてみましょう。

 

過呼吸の演技はできるのか

過呼吸という名前は広く知られていますが、実際に過呼吸を見たことがあるという方はどのくらいいるのでしょうか。その状態がどんなものであるかは、あまり多くの人が知っているわけではないでしょう。

 

ですから、過呼吸の演技をしてそれが本当の過呼吸とは少しくらい違っていても、すぐにはわからないのではないでしょうか。

 

実際に、過呼吸の演技をして、周囲を心配させるような人はいます。

 

本当に過呼吸になったことがある人なら、それがわざと演技をしていると気づけるかもしれませんが、そうではない場合はなかなか難しいでしょう。

 

なぜ演技をするのか

過呼吸の演技をする人は、なぜ過呼吸の演技をするのでしょうか。

 

それは、人に気にして欲しいからです。もっと人にかまって欲しいと思うので、嘘の発作を起こして、周囲の気を引こうとします。

 

もしくは、その場の状況から逃げるためということもあるでしょう。過呼吸になれば、やりたくないことをやらずに済むかもしれません。

 

ちなみに、過呼吸は自分の意思とは無関係に、呼吸回数が増えてしまうのですが、演技で呼吸回数が増えても、手足のしびれが出てくることはあります。それはそれで苦しいので、演技なんてしないほうが良いのですが、そういう人もいるということです。

 

見分け方は難しくはなく、もしも過呼吸になるのが周囲に人がいるときで、且つその人の立場が悪くなっていたりという場面で必ず起こす場合は怪しいと言えます。また、過呼吸中に会話ができるようなら、それは過呼吸発作ではないかもしれません。

 

ただし、最初から決めてかかるのはやめておきましょう。

スポンサーリンク