過呼吸と酸素の関係

過呼吸と酸素の関係

過呼吸と酸素の関係

過呼吸では呼吸をたくさんするため、酸素過多の状態であると思っている人がいるかもしれません。

 

もしくは、苦しそうなので酸欠だと思ってしまう人もいるかもしれませんね。

 

本当のところはどうなのでしょうか。

 

ここでは過呼吸と酸素の関係をご説明していきます。

 

過呼吸のときの血中酸素濃度

ひと昔前までは、ペーパーバック法といって、過呼吸と言えば口に紙袋かビニール袋をあてるという対処法が有効だと考えられていました。死者も出たことがあるため、現在ではこの方法は推奨されてはいませんが、これは、過呼吸になると、体内の酸素が多くなるため、二酸化炭素を吸えば過呼吸が治るという考えのもと行われていた対処法です。

 

実際のところ、過呼吸中の血中酸素濃度は正常なので、過呼吸中は酸欠でも酸素過多でもないと言えるでしょう。

 

ですが、二酸化炭素が足りていない状態なのです。

 

二酸化炭素が足りていない状態のため、ペーパーバック法で二酸化炭素を吸うことは、ある程度は効果があったのですが、それを続けていると今度は血中酸素が足りなくなり、酸欠状態を経て、窒息してしまうことがあるため、ペーパーバック法は奨励されていないのです。

 

酸素濃度を正常に保つ

過呼吸中は何もしなければ、酸素過多にも酸欠にもなりません。

 

ですが、酸欠と勘違いして酸素ボンベなどを使ってはいけません。そういうことをするよりかは、深呼吸などをさせて、呼吸を落ち着けることが重要になります。

 

また、酸素を減らそうとして、長時間ペーパーバック法を行ったり、息を止めたりするのは危険なのでやめておきましょう。

 

繰り返しになりますが、何もしなければ、酸素濃度は正常レベルにおさまっています。ですから、過呼吸のときには酸素のことを気にする必要はありません。

スポンサーリンク