メンヘラに過呼吸が多い?

メンヘラに過呼吸が多い?

メンヘラに過呼吸が多い?

メンヘラという言葉をご存知でしょうか。

 

「メンタルヘルス」ー心の健康という意味の言葉をメンヘルと略したときに、うつ病などの精神疾患を指すのですが、そういった疾患にかかっている方を「メンヘラ」と呼ぶそうです。

 

このメンヘラな人は、過呼吸になっている人が多いようです。

 

ここでは、メンヘラと過呼吸について考えてみましょう。

 

メンヘラだと過呼吸になる?

精神疾患というと、うつ病が代表格ですが、パニック障害にかかっている人なんかも、自分をメンヘラだというかもしれません。

 

過呼吸はそれ単体だけでも過呼吸症候群として発症するものですが、パニック障害や他の精神疾患の代表的な症状としても知られています。

 

メンヘラだと絶対に過呼吸になるというものではありませんが、メンヘラと呼ばれる方々に過呼吸経験者が多いのは事実でしょう。

 

ですから、メンヘラだと過呼吸になりやすいと言えます。

 

なぜメンヘラは過呼吸になるのか

メンヘラだと過呼吸になりやすいのは、やはり心に問題を抱えているということが大きな原因でしょう。

 

パニック障害の方が過呼吸になりやすいのは、不安や恐怖を抱きやすいからですし、他の精神疾患にしても、不安感が強いものが多いですよね。

 

メンヘラで過呼吸持ちの方というのは、過呼吸自体よりも、その元々の疾患を治療することに集中しなければなりません。

 

精神疾患はどんなものも治療に長い年月がかかってしまうのですが、気長に取り組むこと、そして本人に治したいという意思があれば、ちゃんと治るものです。

 

メンヘラで過呼吸持ちだからといって、絶望したりする必要は全くないということを、メンヘラの方、そして周囲の方は知っておかなければなりません。

スポンサーリンク