過呼吸と甲状腺

過呼吸と甲状腺

過呼吸と甲状腺

甲状腺がどういうものかはご存知でしょうか。

 

甲状腺関係の疾患と、過呼吸は症状に似たところがあります。

 

ここでは、過呼吸と甲状腺についてご説明していきます。

 

甲状腺のはたらき

甲状腺は、のどぼとけの下にあるもので、血液中に甲状腺ホルモンを分泌し、新陳代謝を正常に保つといった役割をしています。

 

あまり知られていない甲状腺ですが、そういった大事な役割を担っているため、甲状腺の病気になると体全体に不調がでてしまったりします。

 

甲状腺ホルモンは、出すぎても少なすぎてもよくないのです。

 

甲状腺に関わる病気は、すべて治療が必要です。

 

甲状腺と過呼吸

甲状腺のはたらきが悪いと、必ずしも過呼吸を起こすというわけではありませんが、症状によっては過呼吸になってしまう人もいます。

 

また、バセドウ病の症状は過呼吸と似ているので、甲状腺の障害だとは気づかずに、ただの過呼吸だと勘違いしてしまうこともあるでしょう。

 

バセドウ病の人は、呼吸の仕方が過呼吸のように浅く速くなってしまいます。そのため、そこから過呼吸を起こしやすいというリスクもあります。

 

不安を感じているわけでもないのに、過呼吸を頻繁に起こすという場合は、甲状腺になにか異常が起きているかもしれません。ですから、そういった場合は、甲状腺に強い病院で検査を受けてみることをおすすめします。

 

また、甲状腺機能亢進症の人も、パニックに陥りやすく過呼吸になりやすいため、たとえその過呼吸が不安感などストレスからくるものであったとしても、何らかの病気が潜んでいないか検査をすることは重要なのです。

 

甲状腺については、普通の内科ではなく甲状腺に強い病院に行くことをおすすめします。大きな病院などで相談してみましょう。

スポンサーリンク