過呼吸の夢が意味するもの

過呼吸の夢が意味するもの

過呼吸の夢が意味するもの

過呼吸になった夢を見たことはあるでしょうか。

 

過呼吸経験者だったり、頻繁に過呼吸を起こすという方にとっては珍しいことではないかもしれませんね。

 

過呼吸の夢を見るということはどういう意味があるのでしょう。

 

夢占い的な観点から考えてみましょう。

 

過呼吸の夢の意味

夢占い的な観点からいうと、過呼吸の夢を見るときは、それはそのままあなたの不安や怖れを表しています。不安を抱えているため、夢の中で過呼吸になってしまっているということです。

 

現に、夢の中で不安な気持ちではいなかったでしょうか。

 

また、この夢を何度も繰り返し見る場合は、相当心身が疲れて弱っているので、休養をとるようにという体からのサインです。

 

できることなら、休暇などをとってしばらく心身ともにリラックスしましょう。

 

こんな場合も・・・

過呼吸の夢を見たときに注意しなければならないのは、それが本当に夢だったかどうかという点です。

 

夜中寝ているときに過呼吸を起こしたら、意識が朦朧としているので、夢だと勘違いしたのかもしれません。

 

特に何度も繰り返しそのような夢を見る場合は、実際に過呼吸を起こしている可能性もあります。

 

または、過呼吸の夢を見るときは、寝ているときに息苦しくなるような体勢をとっているのかもしれません。枕にうつぶせになって、息がしづらい状態であったりですとか、何か重たいものが体の上に乗っていたりですとか、そういうことです。

 

過呼吸の夢を頻繁に見る場合、自分の睡眠中のビデオなどが撮れれば撮ってみましょう。それで、過呼吸になっているのか、ただの夢なのかがわかります。

 

また、睡眠環境にも注意してみましょう。息苦しい状態で寝ていれば、夢の中で過呼吸になるのは不思議なことではありません。

スポンサーリンク