過呼吸の治療方法

過呼吸の治療方法

過呼吸の治療方法

過呼吸が一度クセになってしまうと、常に過呼吸が起こるのではないかという不安、そして発作の苦しみと患者は戦わなければなりません。周囲に迷惑をかけてしまうということも、心配の種になるでしょう。

 

少しでも、そういったものを軽減し、且つ過呼吸にならないようにするためには、やはり病院での治療が必要となります。

 

ここでは、過呼吸に対する一般的な治療法をご紹介しましょう。

 

薬物療法

まず過呼吸の治療法として考えられるのが、薬物療法です。過呼吸の原因が心的ストレスによるものだと認められるときには、過呼吸の症状を抑える薬が処方されることがあります。

 

この薬を飲めば、過呼吸発作が起こりにくくなりますし、過呼吸が起こるかもしれないという不安感も和らげることができます。

 

場合によっては自律神経を整えるような薬を処方されることもあるでしょう。

 

どんな場合でも、薬物療法だけでは過呼吸を完璧に治療することはできません。

 

行動療法

発作を繰り返す方に対しては、行動療法や心理療法などが効果的です。行動療法は厳密には、心理療法の1つですが、簡単に言うとストレスを和らげる方法を学んだりする治療方法です。過呼吸を起こす原因となっている概念、考え方を治していくという方法ですが、即効性はもちろんありません。そのため、過呼吸の治療には時間を要するのです。

 

心理療法

心理療法とは、薬などは持ちいらずに患者の心の問題を解決する方法です。過呼吸を起こす方は、パニック障害という病気であることが多く、パニック障害の方々は、心理的な問題を抱えた方々です。

 

カウンセリングなどによって、心の問題を解決することができたら、過呼吸の発作が起こらなくなっていた、ということもよくあります。

スポンサーリンク