過呼吸と勉強

過呼吸と勉強

過呼吸と勉強

過呼吸は、不安や恐怖などの精神的なストレスが引き起こす発作です。

 

稀に、勉強をしているときに過呼吸を起こす、勉強をしようとしたら過呼吸が起きるといったことがあるようですが、これはどういうことなのでしょうか。

 

ここでは、過呼吸と勉強について考えてみましょう。

 

勉強をすると過呼吸になる

学生の方で、勉強をすると過呼吸になるということを訴える人がいます。

 

これには、さまざまな要因が絡んでいるでしょう。

 

まずは、親や周囲からのプレッシャーです。成績が良くても、その成績を維持し、成績を下げられないことにプレッシャーを感じますし、成績が悪かったとしても、また怒られるということにプレッシャーを感じます。

 

そういうときには、勉強をしようとしたときや、勉強中に過呼吸を起こしやすいでしょう。

 

勉強自体が嫌いだという場合でも過呼吸になるかもしれませんが、多くの場合は勉強をすることに対するプレッシャーを感じているようです。

 

過呼吸にならない勉強の仕方

勉強をするときに過呼吸になるという人は、以下のことに気をつけるようにしましょう。

 

まずは、ぶっ続けで何時間も勉強をしないということです。人間の集中力はそんなに長時間持ちませんから、1時間勉強をしたら、15分休憩をするような感じで、リラックスしながら勉強をしましょう。

 

また、周囲の方もあまりプレッシャーを与えないようにするということも大事です。

 

成績なんて1度落ちたくらいで死ぬわけではありません。それよりも、過呼吸を起こす精神状態であるということのほうがよほど重大な問題ではないでしょうか。
勉強で過呼吸を起こしてしまうというようなときには、本人も、その周囲の方々も、勉強をするためには休息や遊びも大事だということを覚えておいてください。

スポンサーリンク